2018最新!東京駅メルヘンのサンドイッチメニュー30種類を見てきたよ

東京駅の広いJR構内にあって、ちょっと場所が分かりづらいんだけど、是非とも行ってみてほしい場所。

「サンドイッチハウス メルヘン」

東京駅に行く用事があるときには必ず立ち寄るお店です。サンドイッチの種類が豊富すぎ・魅力的すぎ・そして胃袋足りなさすぎ状態になる、リアルメルヘンなお店。

フルーツサンドが大好きで、以前「東京駅のフルーツサンド全部食べ尽くせ」企画(勝手にやってるだけ)で、

  • 千疋屋
  • 果実園
  • メルヘン

の全てを食べてみたのだけど、味・種類の豊富さ・コストパフォーマンスの高さで圧倒的1位に輝きました。

 

メルヘンは東京駅の大丸の中にもありますが、駅ナカの方が便利です。ただ、東京駅構内はいつ行っても迷路のよう。

いつもここへたどり着くまでウロチョロしてしまいます。メルヘンはSouth Court ecute(エキュート)の中にあります。

2018年10月26日に移転。とはいえちょっぴり場所が変わっただけですので安心してください。

東京駅サンドイッチメルヘンの場所が移転

>>ecute東京

場所が分かりににくいけど、ぜひ探してみてください。フルーツサンドがで幸せになれますよ^_^

(2018.11)メルヘンのサンドイッチメニュー・約30種類・値段

サンドイッチハウスメルヘンのサンドイッチは種類の多さでも有名です。

常時30種類以上のサンドイッチが並べられているため、その場で選ぶのはなかなか困難。(後になって、「あれも買えばよかった!」と思うことはしょっちゅう)

写真付きで紹介します。

フルーツサンドイッチ

メルヘンで特に好きなのがフルーツサンド。イチゴだけでなく、黄桃やマンゴー、季節のフルーツサンドが食べられるのもメルヘンの魅力です。

いつ行っても新しいフルーツサンドに出会えます。

2018年11月現在のラインナップです。

季節限定でしょうか?クリスマスデコレーションと共に、ラフランス生クリームが登場。

苺生クリームは鉄板です。私がメルヘンで1番たくさん食べたサンドイッチです。

おぐら生クリーム、スイートポテトサンド、ラムレーズン生クリームなどありますが、個人的にはフルーツサンドは果肉入りがおすすめです。ジューシーなフルーツと生クリームがベストマッチ。

以前訪れたときにはシャインマスカット、マスクメロン、マンゴー、パイナップルみかんなどありました。

ーここから2018年8月の写真ー

惣菜系サンドイッチ

続いてお惣菜系サンドイッチをご紹介します。 

「ペアサンド」だと2つの味が楽しめます。

 

卵、ロースカツ、ハムサンド、苺生クリームが入った4色パックもあります。色々と食べられていいですね^_^

お惣菜サンドイッチはフルーツサンド以上に種類が多いので、どれを食べようか迷っちゃいます。

ーここから2018年8月の写真ー

混んでるけどレジが早い

メルヘンにはいつも行列ができてます。とはいえだいたい10人くらい。5分ほど待つだけです。

レジの方がプロ。テキパキとサンドイッチを詰め、会計をしてくれます。

電子マネーやクレジットカードも使えます。

レジ横でドリンクを買うこともできます。

オリジナル保冷剤バッグもかわいらしいです。

ポソポソになる前に。なるはやで食ベましょう

メルヘンのサンドイッチ唯一の欠点といえば、パンがパサパサになりがちってこと。

千疋屋のフルーツサンドとの違いはそこかな。千疋屋はパンまでしっとり高級。

 

メルヘンでは1時間分の保冷剤をつけてくれますが、それでもできるだけ早く食べましょう。

裏面に作った時間が書いてあります。今回は作ってからまだ2時間の、できたてホヤホヤで食べられました。

ごろっと入った黄桃がおいしい。甘党の私はやっぱりフルーツサンドがおすすめです。

惣菜系でいつも買うのがメンチカツ。キャベツがシャッキシャキです^_^

4色パックは大満足でした!

メルヘン(東京駅)の場所・営業時間

サンドイッチハウスメルヘン(東京店)は、東京駅構内1階サウスコート内にあります。

サウスコートエキュート

サンドイッチハウス メルヘン

 

【営業時間】

  • 月〜土 8時〜22時
  • 日・祝 8時〜21時半

 

なかなか遅くまで営業していますが、夕方ごろからサンドイッチの種類が一気に減ります。在庫がなくなったらおしまいだそうです。

日曜日の20時半でこの様子。これでもこの日は「たくさん残ってるほう」なのだとか。

出来立てホヤホヤを食べるには、朝や昼頃行くのをおすすめします^_^