【レゴランド】3歳児のジュニアドライビングスクール体験談 

レゴランドジャパンの目玉アトラクションの1つに、「ドライビングスクール」があります。

ドライビングスクールは

  • ジュニアドライビングスクール・・・3歳〜5歳
  • ドライビングスクール・・・6歳〜13歳

 

という2つに分かれており、それぞれコースが違います。残念ながら、14歳以上の子供や大人は乗れません。

 

今回は、3歳の息子がジュニアドライビングスクールに挑戦したのでその様子をご紹介します。

レゴランドのドライビングスクール(ゴーカート)に乗った感想

レゴランドの奥の方、レゴシティの中にドライビングスクールがあります。

https://endpoint914628.azureedge.net/globalassets/pdfs/uvid-495da5/parkmap_170323.pdf

左がジュニアドライビングスクール、右がドライビングスクールです。

レゴランドのドライビングスクール

ジュニアドライビングスクールは、こんな感じでこじんまりとしたコースになっています。ぐるっと1周できるだけのコースです。

レゴランドジュニアドライビングスクールのコース レゴランドジュニアドライビングスクールのコース

6歳〜のコースは結構広いです。

レゴランドドライビングスクールのコース

子供の運転を見ながらゆっくりできるスペースもありました。

レゴランドドライビングスクールの前

ドライビングスクールの前にはゴーカートが置いてあるので、ここで写真撮影することもできます。

2歳以下のお子さんは写真だけでもいいですね。

レゴランド ゴーカートの模型で写真撮影 レゴランドのゴーカートで写真撮影

ジュニアドライビングスクールのアトラクションの流れ

まずジュニアドライビングスクールの入り口に行くと、入り口のスタッフさんが息子に「何歳ですか?」と聞きます。ここで「さんさいです」と言って、ではどうぞ〜という感じで中に案内されます。

レゴランドは3歳からパスポート代がかかっていますが、ここでパスポートの提示などは求められませんでした。

 

この日はパークが空いていて5分待ち。

順番が来るとまず子供達がゴーカートの前に集められ、お姉さんから説明を受けます。

アトラクションに並ぶときは親も一緒でしたが、ここからは親が柵の外に出るように言われます。

子供が心配でも、写真を近くで撮りたくても、柵の外に出て子供を見守るしかありません。

「ここをギューって押すと走るんだよ〜」と説明を受けます。

各自好きな車に乗り込んで、シートベルトをつけます。

まだ発進しないのに必死で運転する息子、笑

合図とともに、出発〜!アクセルを踏むとゴーカートが進みます。

みんな運転が上手です!女の子もスイスイ運転〜

うまく操作できないと、すぐにお姉さんが来て助けてくれます。

親は緑の柵の外から見守ります。頑張れー!

なかなか上手く運転できない息子^^;

5分くらい自由に走ったら終了〜!シートベルトを外して出口付近に集まります。ここでお姉さんに、「ドライバーライセンス」をもらいます。

これがもらったドライバーライセンス。いい記念になりました。

レゴランドのドライバーライセンス

今回3歳の息子が1人でゴーカートに乗ることに心配していましたが、お姉さんがしっかりと見ていてくれたので案外安心して見ることができました。

 

ただ、息子にはまだ運転が難しかったようで、お姉さんにお世話になりすぎてしまいました^^;

なので今回のように全然並んでいないときならいいのですが、長時間並んでまで乗りたいかというとそうでは無かったです。

成長の早い子や、4歳以上の子ならめちゃくちゃ楽しめると思いますよ^^!