レーシックをすると老眼になりやすい(早まる)のですか?

私がレーシックをする前、ネットでいろいろと情報収集をしていると、レーシックをすることによって

  • 老眼が早まる
  • 老眼になりやすくなる

という情報をみかけました。

老眼が早まるというリスクは本当にあるのか、もしあるのならどれくらい早まるのか、レーシック前に疑問に思ったので青山先生に直接聞いてみました。

レーシックをすると老眼になりやすい(早まる)ということはない

結論から言うと、先生の答えは「ノー」でした。

つまり、レーシック手術を受けることによって老眼になる確率が高くなったり、老眼になるのが早まるということはないそうです。

老眼の原因は「水晶体が硬くなる」こと。

そのため、角膜を削って視力矯正をおこなうレーシックとは全く別の部分で起きる現象ということです。

レーシック手術をする前は中度の近視(視力0.1)であった私は、今後老眼になる可能性も高いと思われます。

そういえば母は、普段はコンタクトやメガネを付けないのに本を読むときだけメガネをかけてるという、典型的な老眼でした。

しかも思い出してみると、結構早い段階(たぶん40歳くらいから)メガネをかけていた記憶があるので私は老眼になるのが早い体質なのかもしれません。

今後老眼になることも考え、老眼について少し調べてみました。

老眼とは

水晶体(目の中のレンズ)は元々透明で弾力性の高い組織です。しかし、加齢変化により、だんだん「硬く」なり、「濁り」が生じてきます。水晶体が硬化すると、遠くから近くへのピントの位置の調節ができなくなります。これが老視(いわゆる老眼)です。

引用元:診療科紹介<眼科-白内障手術について>

水晶体は目の奥にあり、物を見るときにグニャっと変形してピントを合わせてくれているものです。

若いころは弾力のある水晶体が、年齢とともに硬くなってしまいます。

水晶体

すると、

  • 物を見るときにピントを合わせてくれていたものがなくなる⇒
  • 今まで見えていたもの(近く)が見えなくなる(ぼやける)⇒
  • 老眼鏡をかけてピントを合わせる

ということになってきます。

上の画像を見ても、水晶体と角膜はまったくの別物だということがわかりますよね。

「ピントを合わせるために重要なもの」という点では同じですが、角膜と、グニャっと変形する水晶体とでは全く違うものだということが理解できます。

(それでも最近では寝ているときにコンタクトレンズをつけて角膜の形を変えていくオルソケラトロジーという治療法もあるそうです。

青山先生のところ(柳津あおやま眼科クリニック)ではオルソケラトロジーでの視力矯正もおこなっているみたいなので気になる方は相談してみるといいと思います。)

老眼になる年齢は何歳から?

私が気になったのが一体いつから老眼になるのか、ということ。

もちろん個人差はあるでしょうが、一般的な年齢としては45歳ごろからのようでした。

 

45歳前後からレンズが硬く なり遠くにあわせた状態では近くが見え ないことが徐々に始まります。これは誰 にでも起こる事です。名前がよくないた め特に女性には不評ですが、この状態を 老眼と言います。老眼は徐々に進行し 55 歳ぐらいでほぼ固まります。

引用元:白内障手術と多焦点眼内レンズ – 東京労災病院

 

私は現在30歳なので、あと15年ほどしたら老眼が出てくるということですね。

レーシックをして、せっかく近くも遠くもよく見えるようになったのに、老眼でそれがなくなってしまうのかと思うと悲しいです^^;

できれば20歳とか、もっと早くにレーシックを受けておけば良かったな~。

老眼が少しでも遅れてくるよう、目を大切にして過ごしたいと思います!