レーシックで老眼や白内障が早まることはないが、気を付けたい事。

レーシックによって目が見えるようになって、「ずっとこのまま目が良かったらいいのになぁ」と思う人は多いでしょう。レーシックを受けて快適な生活を手に入れた私もその一人。

しかし、レーシックを受けた人が気を付けておかなくてはならないことがあります。

それは、レーシックを受けたことによって症状に気づきにくくなる症状についてです。特に白内障や緑内障は、歳をとると誰にでも起こりうる症状ですが、レーシックを受けたことによって発見が遅れる可能性があるのです。

この記事は過去にレーシックを受けた人はもちろん、これからレーシックを受けようと思っている人にも覚えておいてほしい内容です。

レーシック後に老眼・白内障・緑内障になる可能性は変わらない

よく、「レーシックをすると老眼が早まる」という話を聞きますがそれは全くの嘘です。

私もレーシックを受けたときに気になって質問をしました。

‹参考›レーシックをすると老眼になりやすい(早まる)のですか?

逆にレーシックをすることによって老眼や白内障、緑内障になる可能性が減ったり遅くなったりすることもありません。レーシック手術は近視や遠視を治すものではなく、角膜を削ることによって視力を矯正しているだけだからです。

普段からメガネやコンタクトを付けていても、白内障になるのが遅れてくれる訳ではないのと同じなのです。

白内障になったら気を付けること

白内障は歳をとると誰にでもおきる病気で、80歳以上だと発症率100%の国民病ともいわれています。

白内障はピント合わせをする機能のある水晶体が濁ることによって起き、視界がかすんで見えるようになります。「老眼が進んだだけか…」と思っていたら実は白内障だった!ということが多いので、注意が必要です。

白内障になった場合、今では水晶体の濁りをとり除き、眼内レンズを入れることでクリアな視界を手に入れることができます。

レーシック手術をした人でもこの手術は受けられますが、気を付けたい点があります。

それは、眼内レンズを作るときに慎重に度数を決めなければならないということです。

レーシックを受けた目は、受ける前の目と比べて表面が平ぺったくなります。そのため、視力検査をする際にはレーシックを受けた人用の計算式で度数を計算してもらう必要があるのです。

軽度の近視をレーシックで矯正した人は角膜を少ししか削っていないため、自分で医師に伝えないとレーシックを受けたことに気付いてもらえない場合もあります。白内障の眼内レンズを作るときには必ず、過去にレーシックを受けたことを伝えるようにしましょう。

緑内障に気づきにくくなる

白内障は視界がかすんで見えるので、レーシックを受ける前と比べて発見が遅れるということはありません。しかし、特に注意しておきたいのが緑内障です。

緑内障は視界の一部が欠けて見える病気です。もともと自覚症状が現れにくいとされる緑内障ですが、レーシックをすることによって視界が良好になり、更に気付きにくくなるということです。

日本では緑内障は、失明の原因第一位の病気です。

そして、40歳以上から徐々に発症し始め、70歳の10%がかかる病気です。

決して他人事と思わずに定期的に検査へ行ったり、少しでも視界がおかしいな?と感じたら眼科へ行くようにしましょう。

まとめ

せっかくレーシックによって視力が回復したのに、白内障や緑内障によって視界が悪くなってしまうのは残念なことです。しかし年齢とともに進行するこれらの症状は自分ではどうすることもできません。

症状が現れ初めたら、できるだけ早くに眼科へ受診することが一番大事なのです。

人間は80%の情報は目から取り込んでいるといいます。一生付き合っていく自分の目ですから、大切にしていきたいですね。