【幕張】ホテルザマンハッタン宿泊記。口コミがいいのも納得!

ホテルザマンハッタンの室内

2017年の4月末に、千葉県の海浜幕張駅近くにある「ホテル・ザ・マンハッタン」に宿泊しました。

このホテル、すごく良かったです!

客室が少ないからか、エレベーターで誰ともすれ違わないのも良かったし、駐車場代が無料なのも良かったし、部屋や接客も良かったです。

大浴場がないので温泉好きな人は他のホテルがいいかもしれませんが、部屋についている大理石のバスタブも広かったですよ〜

 

【海浜幕張】ホテルザマンハッタンに宿泊

今回は海浜幕張に用事があったのと、ディズビーシーへ行くためにホテルザマンハッタンに宿泊しました。

楽天トラベルから予約をして、19時のレイトチェックインのプランだと安くなりました。1泊朝食付きで12,000円(1部屋)でした。

 

外観からして、クラシックで素敵な感じ!

ホテルザマンハッタンの外観

ホテルザマンハッタンの外観

宿泊者は駐車場料金が無料

この辺りの駐車料金は高いのですが、ホテルザマンハッタンの宿泊者は無料なんですよね。これも、こちらのホテルを選んだ決め手になりました。

駐車場はホテルの裏手にあります。

ホテルザマンハッタンの駐車場

ホテルの地下の駐車場と、道路を渡った場所にも第2駐車場がありました。

地下だとそのまま1階へ行けばフロントなので便利でした。

レストラン利用でも駐車場代が無料になるみたいですね。

ホテルザマンハッタンの駐車場

フロントでチェックイン

エレベーターで1階へ上がると、たまたまスタッフの方がいて「これからご宿泊ですか?」と言って荷物を台車に乗せてくれました。

いつもビジネスホテルばかりなので、「おお!これがホテルのサービスか!」と感動!

 

フロントはこんな感じ。客室が130室ほどと多くないようなので、2つで足りているのでしょうか?

ホテルザマンハッタンのフロント

チェックインの時におしぼりをもらえました。

泊まったのが4月末だったので、5月人形が飾られていました。

ホテルザマンハッタンのスタンダードダブルの部屋

今回はスタンダードダブルのお部屋。19階でした!

20階はスイートルームなので、スタンダードルームでは最上階だと思います。

ホテルザマンハッタンの室内

バスルームの床や壁が大理石で素敵ですが、滑りやすいので子供には注意が必要でした。

ここから見える景色もいいし、浴槽がすごく広かったです。

トイレはウォッシュレット付き。

部屋とバスルームの間には扉が1枚あるだけなので、トイレの音も丸聞こえ?と思っていたのですが、このトイレは座ると自動で「シャーーーー」っとせせらぎのような?音が流れてくれます。

水を流すときも、「ジャーーー!!」っと夜中にトイレに入ったら家族が起きてしまいそうな音は全然しなくて、「さらさらさら〜」っと静かに流れてくれます。

めちゃくちゃいいトイレでした、笑

 

冷蔵庫のジュースは160円くらいでした。

空いてるスペースに、持ち込んだジュースを入れるとこんな感じになりました。ペットボトル3本が限界ですね。

無料の飲み物はお茶のみ。電気ケトルもありました。

テレビが乗っているタンスの角に、息子が頭をぶつけてしまいました><

夫も腰をぶつけていました、笑

このタンスにはパジャマが入っています。ワンピース型のパジャマと、

バスローブが入っていました。

家具もテーブルもアンティークな感じで統一されています。

エステのメニュー表。

引き出しの中身。

アメニティ

息子にはクジラの絵がついた子供用のスリッパと、歯ブラシを用意していただけました。

このスリッパ、息子がすごく気に入っていました^^

バスルームのアメニティです。シャンプーコンディショナーはには「マンハッタン」と書かれていたので、オリジナルでしょうか。

使っていないので使い心地はわかりません。。

アメニティーの中にはメイク落としは入ってますが、洗顔料や化粧水はありません。

欲しい場合はフロントに電話をすると持ってきてもらえます。女性のスタッフの方が持ってきてくれました。

ホテルさマンハッタンのアメニティー

拡大鏡もありました。このバスルームは窓が大きいので、朝はかなり明るくてメイクしやすかったです。

クローゼットには金庫も。 

貸し出し備品リストとインターネット(wifi)

洗顔料、化粧水、乳液のコスメセットのほかに、貸し出してもらえるもの一覧。

インターネットが1滞在につき1,000円と書かれていましたが、机の上にWi-Fiパスワードが書いてあったのでフロントに電話をして聞いてみると今月(2017年4月)からインターネットは無料Wi-Fiになったとのことでした。

Wi-Fiはパスワードを入れるだけですぐに使えます。早くて快適でした。

空気清浄機、空調

小型ですが空気清浄機もありました。 

前回、ここの近くにあるアパホテル幕張ベイに泊まったのですが、アパホテルは部屋の温度を調節できなかったんです。

1つのフロアで同じ温度にしているらしく、電話をして温度を変えてもらったのですが「もし他のお客さんがまた温度を変更したいと言えば変更する」と言われました^^;

やっぱ空調って大事ですよね〜

ここは部屋にちゃんと、温度設定できる機械がありましたよ。

エアコンの強さは、ベッド脇にあるこのボタンで調節します。ここには、電気と自動カーテンのボタンもついています。

こんな風にしまっておくこともできます。

口コミがいいのも納得!また泊まりたいホテルです

そして何よりも、この部屋からの眺めが最高!

幕張メッセ方面が見渡せました^^

ホテルザマンハッタンは部屋も清潔だし、サービスがすごく良かったのでまた泊まりたいです。

 

駐車場を無料にしてもらうには毎回フロントへ行って無料になる駐車カードに引き換えてもらうのですが、カードを持ってフロントに歩いていく途中で「駐車カードですか?」と言ってすぐに手続きしてくれたり、

そのあとエレベーターへ行くともう開いたエレベーターが待っているので、どこかで操作してくれてるんじゃ?と思ったりしました。

 

フロントに電話をしたときも「○○さま、いかがなされましたか?」と名前を言ってくれたりして、「これが高級ホテルのサービスか〜!」と感激しました。

今回は平日だし、レイトチェックインのプランだったのでお得に泊まれて良かったです。

 

成田空港や羽田空港までのリムジンバスも出ていたので、出張にも便利だと思いますよ^^

ホテルザマンハッタンのリムジンバス

おすすめです。

 

【幕張】ホテルザマンハッタンのザテラスで朝食バイキング!

海浜幕張にあるホテルザマンハッタンに泊まった時の朝食記録です。

今回、楽天トラベルで朝食付きの宿泊プランを予約していたのでお得に食べることができました。計算すると、1食1,200円ほどで食べられました。

ですが正規料金2,400円と考えると、ちょっと高いかなーと思います。

 

朝食付きのプランでなければ、近くにあるホテルニューオータニ幕張の朝食ブッフェも食べてみたかったです。

【ホテルザマンハッタン】ザ・テラスで朝食ブッフェ

1階のエレベーター近くにザ・テラスがあります。

ホテルザマンハッタンのザテラス外観

チェックインの時にもらった、朝食券。

ザテラスの朝食券

楽天トラベルには、

  • 「ザ・テラス」か「おりじん」で洋食か和食を選択

と書かれていたのですが、実際には朝食を食べられるのはザ・テラスでだけでした。

 

和食を食べたい場合はザ・テラスで、”和朝食”を選ぶ形になります。和朝食の場合はドリンク以外、ブッフェではありません。

ホテルザマンハッタンの朝食メニュー

和朝食は子供1,080円かかりますが、子供用を頼まず大人用を取り分けて食べるのはOKとのことでした。

私たちは3泊して、和朝食も悩みましたが結局毎日ブッフェを選びました^^;

 

オープン時間の7時に行くと、まだお客さんはいませんでした。

ホテルザマンハッタンのザテラスの朝食

ここのホテルは外国人のお客さんが多くて、ブッフェではヨーロッパの言葉や英語が飛び交っていました。周りは外国人だらけで、まるで外国にいるような気持ちになりました。

 

パンはデニッシュ系の菓子パンもあります。

トースターで焼き直すことができます。

卵料理は目の前で作ってくれます!オムレツや目玉焼きを選べて、オムレツはチーズかハムかを選べます。

とろっとろで美味しくて、毎日いただきました^^ 

でもオムレツを作ってくれる料理人の方がこの場からいなくなることが多く、注文したいのに頼めない…。ということがよくありました^^;

他のスタッフの方に言えばいいのでしょうが、小心者で言えないんですよね…。

 

自分で焼くワッフル。

ヨーグルトのトッピングがたくさん!レーズンや桃やアプリコット。 

フルーツは、オレンジやグレープフルーツまで皮がキレイに剥かれていて感動〜!パイナップルが甘くて美味しかったです。

味の付いた?サラダ。

飲茶やソーセージ、ベーコン。

この日の飲茶は小籠包。味は普通でした^^;

飲茶は翌日にはミニ肉まんになり、翌々日にはまた小籠包になったので1日置きで変わっているようです。

ザテラスの朝食ブッフェ

ポテトとイカフライも翌日にはハッシュドポテトとエブフリットに変わりました。

ホテルザマンハッタンのザテラスの

サラダはトッピングが多くて楽しいです。

バーニャカウダーソースがおいしくて、野菜をたくさん食べられました。

パンペルデュという、パンプディングのようなもの。

 

ここにはマンゴーソース、キャラメルソース、ミックスベリーソースがありますが、私はワッフルコーナーにあるメープルシロップをかけて食べていました。

甘いもの好きにはたまりません〜。

 

スープとカレー。

スープはベーコンやコーンが入ったコンソメスープでした。

飲み物コーナー。

水が

  • コントレックス
  • エビアン
  • サン・ペレグリーノ

の3種類もありました。外国のお客さんが多いからでしょうか?

コーヒーはテイクアウトもできます。(コーヒー以外はダメだと書いてありました)

 

好きなもの、好きなだけ持ってきました。(オムレツのケチャップつけすぎた…。)

ホテルザマンハッタンの朝食ブッフェ

卵コーナーにあった、チリソースは失敗^^;

フルーツが食べやすくカットされてるのが気に入りすぎて、何度も食べました。

 

子供にはプラスチックのコップとお皿がもらえましたが、2日目と3日目はもらえなかったので案内してくれる方によるのかと思います。

 

2日目のブッフェでは、揚げ物と飲茶が変わっていました。

この日は出発が遅めだったのでホットコーヒーをテイクアウトしてみました。

部屋でゆっくり飲めるのがいいですね。

 

3日目にもなると、だんだんと好みの料理が決まってきます、笑

バーニャカウダソースをかけたサラダと、ブランフレークにヨーグルトとフルーツをたくさん乗せたものがお気に入りでした。

ここには写っていませんが、チーズ入りのオムレツも定番に。オムレツにはブッフェ台のベーコンを添えて食べていました。

あと、パンペルデュ(パンプディング)にメープルシロップをかけて、ソーセージと一緒に食べるとマックグリドルみたいで美味しかったです。(わかりますかね?)

 

ブッフェは好きなものを好きなだけ、好きな組み合わせで食べられるのがいいですね。

出来立てのオムレツは美味しいし、空いたお皿はすぐに片付けてくれるので良かったです。

 

でも初めにも書きましたが2,400円はちょっとお高いと思うので、宿泊される方は朝食付きプランにするのをオススメします^^

ホテルザマンハッタンからディズニーシーまで車で行った理由

ディズニーシーの入り口の地球の噴水

先日、海浜幕張にあるホテル・ザ・マンハッタンに宿泊しました。

前回の千葉旅行ではこの近くにあるアパホテルに泊まったのですが、

  • 大浴場の汚さ
  • 部屋の空調を自分で調節できなかったこと

がかなりストレスになったので今回リピートはしませんでした。(激安ですけどね)

 

ホテル・ザ・マンハッタンはアパホテルよりも割高ですが、ここは宿泊者は駐車場料金が無料なんです。

アパホテルだと1泊1,000円でそれでも安いのですが、無料なら旅行代が1泊あたり1,000円浮くようなものだな〜と考えてこちらに決定。

今回ディズニーシーに行くにあたり、当初は海浜幕張駅から電車で行こうと思っていましたが、急遽車で行くことしました。

ホテルザマンハッタンからディズニーまでの行き方や料金

私たちがディズニーシーまで車で行った理由…それは、車で行く方が安いから!

めちゃくちゃ当たり前のことですが、初めは電車で行く方が断然安いだろうと思い込んでいたんですよね。

ディズニーランドやシーの駐車場料金って普通車で平日でも1日2,500円なので、公共交通機関ならそんなにもかからないだろうな、と思って。

 

でも計算したら違いました!

舞浜駅からディズニーシーまでは徒歩でも行けますが、3歳の子連れの私たちはディズニーリゾートライン(モノレール)を利用しようと思っていたので計算すると結構な金額になります。

 

  • 海浜幕張→舞浜(京葉線)・・・310円
  • 舞浜→ディズニーシー(モノレール)・・・260円
  • ディズニーシー→舞浜(モノレール)・・・260円
  • 舞浜→海浜幕張(京葉線)・・・310円

で合計1,140円×2人で2,280円。

 

ええ〜!

ディズニーシーの駐車料金2,500円と220円しか変わらないじゃん!!

 

しかもホテルから海浜幕張まで歩いて行かなきゃいけないし、駅で切符を買ったり電車を待ったり、ディズニーリゾートラインに乗り換えたり電車を待ったりしなくちゃいけないんです。

これが大人だけなら余裕ですが、3歳児が一緒だと一苦労。

ということで車で行きました。

 

電車だと海浜幕張から舞浜まで20分ですが、シーまで行くとなるとモロモロの時間を入れて50分くらいはかかるかな?

今回車で行きましたが、45分くらいだったので時間的にはほぼ同じですね。でもやっぱり車は楽でした。

 

アパホテルは舞浜駅北口から1日2便(20時半と22時)にホテル行きのバスが運行しているので、それを利用するのもいいですよね。

ホテルニューオータニ幕張なら、グッドネイバーホテルなので直行バスが出ています。

 

ホテルザマンハッタンからディズニーへは道もほぼ1本道(ただし、トラック多い)だし、平日の朝8時でもそこまで混むことなくスムーズに行けましたよ。ナビでの予定時刻に到着できました。

行き先がディズニーランドなら電車で行くか迷うところですが、シーなら車で行くのがオススメですよ。

 

ホテルザマンハッタンに泊まる予定の方は、参考にしてくださいね。

【レゴランド】3歳児のジュニアドライビングスクール体験談 

レゴランドジャパンの目玉アトラクションの1つに、「ドライビングスクール」があります。

ドライビングスクールは

  • ジュニアドライビングスクール・・・3歳〜5歳
  • ドライビングスクール・・・6歳〜13歳

 

という2つに分かれており、それぞれコースが違います。残念ながら、14歳以上の子供や大人は乗れません。

 

今回は、3歳の息子がジュニアドライビングスクールに挑戦したのでその様子をご紹介します。

レゴランドのドライビングスクール(ゴーカート)に乗った感想

レゴランドの奥の方、レゴシティの中にドライビングスクールがあります。

https://endpoint914628.azureedge.net/globalassets/pdfs/uvid-495da5/parkmap_170323.pdf

左がジュニアドライビングスクール、右がドライビングスクールです。

レゴランドのドライビングスクール

ジュニアドライビングスクールは、こんな感じでこじんまりとしたコースになっています。ぐるっと1周できるだけのコースです。

レゴランドジュニアドライビングスクールのコース

レゴランドジュニアドライビングスクールのコース

6歳〜のコースは結構広いです。

レゴランドドライビングスクールのコース

子供の運転を見ながらゆっくりできるスペースもありました。

レゴランドドライビングスクールの前

ドライビングスクールの前にはゴーカートが置いてあるので、ここで写真撮影することもできます。

2歳以下のお子さんは写真だけでもいいですね。

レゴランド ゴーカートの模型で写真撮影

レゴランドのゴーカートで写真撮影

ジュニアドライビングスクールのアトラクションの流れ

まずジュニアドライビングスクールの入り口に行くと、入り口のスタッフさんが息子に「何歳ですか?」と聞きます。ここで「さんさいです」と言って、ではどうぞ〜という感じで中に案内されます。

レゴランドは3歳からパスポート代がかかっていますが、ここでパスポートの提示などは求められませんでした。

 

この日はパークが空いていて5分待ち。

順番が来るとまず子供達がゴーカートの前に集められ、お姉さんから説明を受けます。

アトラクションに並ぶときは親も一緒でしたが、ここからは親が柵の外に出るように言われます。

子供が心配でも、写真を近くで撮りたくても、柵の外に出て子供を見守るしかありません。

「ここをギューって押すと走るんだよ〜」と説明を受けます。

各自好きな車に乗り込んで、シートベルトをつけます。

まだ発進しないのに必死で運転する息子、笑

合図とともに、出発〜!アクセルを踏むとゴーカートが進みます。

みんな運転が上手です!女の子もスイスイ運転〜

うまく操作できないと、すぐにお姉さんが来て助けてくれます。

親は緑の柵の外から見守ります。頑張れー!

なかなか上手く運転できない息子^^;

5分くらい自由に走ったら終了〜!シートベルトを外して出口付近に集まります。ここでお姉さんに、「ドライバーライセンス」をもらいます。

これがもらったドライバーライセンス。いい記念になりました。

レゴランドのドライバーライセンス

今回3歳の息子が1人でゴーカートに乗ることに心配していましたが、お姉さんがしっかりと見ていてくれたので案外安心して見ることができました。

 

ただ、息子にはまだ運転が難しかったようで、お姉さんにお世話になりすぎてしまいました^^;

なので今回のように全然並んでいないときならいいのですが、長時間並んでまで乗りたいかというとそうでは無かったです。

成長の早い子や、4歳以上の子ならめちゃくちゃ楽しめると思いますよ^^!

【スタバ】木下ゆうかおすすめ!ホワイトモカのカスタマイズ

スタバのアイスホワイトモカ氷なし

ユーチューバーの木下ゆうかさんのスタバ動画を見て、飲みたい〜食べたい〜とウズウズしていた私。

木下さんの動画にはスタバがよく登場しますし、かなりの通のようです!そんな木下さんが”最近スタバで毎回頼むもの”として紹介されていたのがこの3つ。

 

  • アイスのホワイトモカ
  • ホットココア
  • ホワイトチョコレートマカダミアクッキー

 

その中でも特に気になった、アイスのホワイトモカを注文してみました。

 

木下ゆうかさんおすすめの、スタバカスタマイズを頼んでみた

今までスタバといえば、季節限定のフラペチーノばかり頼んでいるスタバ慣れしていない私。ホワイトモカってどんなもの?と思いスタバのページを調べてみると、

エスプレッソに濃厚でクリーミーなホワイトチョコレートシロップとスチームミルクを加え、ホイップクリームをトッピング。ちょっとした贅沢を楽しみたい方におすすめです。

アイスにはホイップクリームはついてきませんが、ホワイトチョコ味のコーヒーって美味しそう!これは期待できる〜

 

木下さんの動画を見てみると、アイスホワイトモカの注文方法も紹介されていました。

 

 

動画で紹介されてたように頼んでみます。

「アイスのホワイトモカのベンティを、氷なしでその分ミルクを入れてください」

氷なしでその分ミルクってできるのかな?と不安でしたが大丈夫でした!普通にできました!

 

でき上がったのがこちら〜。

スタバのアイスホワイトモカ氷なし

量がなみなみではありませんが、これは木下さんの動画を見ても同じですね。

作ってもらっている時に「マークの上までミルク入れましたが、もっと入れますか?」と言われて「あ、お願いします」と言って更に入れてもらいました。

でも後で思ったのですが、スタバのコンディメントバー(砂糖やミルクが置いてあるところ)にミルクって置いてありますよね?

そこで自分で足せばいいのでは…?(今度からそうしよ〜っと)

 

カスタマイズとしてはホワイトモカに、

  • エキストラミルク
  • ノンアイス

となっていました。

お値段は520円

 

では飲んでみますー!

「ちゅ〜〜!」

ん??んーーー???!!!

 

「ここに氷入れたい!!」

おいしいと言えばおいしいのですが、ぬるいのでエスプレッソの苦味が強く感じられます。

甘みはあるので、ガムシロを足さなくても大丈夫でした。

自宅でチョビチョビ飲むなら味が薄まらなくていいかも?

 

私は外出先で飲んだので「ぬるい!」と思ったし、夫が頼んだ普通のキャラメルフラペチーノの方が美味しかった、笑

 

後から調べてみると、木下ゆうかさんは常温の飲み物が好きみたいですね^^;常温の方が甘みを感じられるからなのだとか。

 

私はリピートなしですが、常温の甘い飲み物好きな方はぜひお試しください〜^^

次はホワイトチョコレートマカダミアクッキーも食べてみたいな。

スタバのホワイトチョコレートクッキー