レーシックで老眼や白内障が早まることはないが、気を付けたい事。

レーシックによって目が見えるようになって、「ずっとこのまま目が良かったらいいのになぁ」と思う人は多いでしょう。レーシックを受けて快適な生活を手に入れた私もその一人。

しかし、レーシックを受けた人が気を付けておかなくてはならないことがあります。

それは、レーシックを受けたことによって症状に気づきにくくなる症状についてです。特に白内障や緑内障は、歳をとると誰にでも起こりうる症状ですが、レーシックを受けたことによって発見が遅れる可能性があるのです。

この記事は過去にレーシックを受けた人はもちろん、これからレーシックを受けようと思っている人にも覚えておいてほしい内容です。

レーシック後に老眼・白内障・緑内障になる可能性は変わらない

よく、「レーシックをすると老眼が早まる」という話を聞きますがそれは全くの嘘です。

私もレーシックを受けたときに気になって質問をしました。

‹参考›レーシックをすると老眼になりやすい(早まる)のですか?

逆にレーシックをすることによって老眼や白内障、緑内障になる可能性が減ったり遅くなったりすることもありません。レーシック手術は近視や遠視を治すものではなく、角膜を削ることによって視力を矯正しているだけだからです。

普段からメガネやコンタクトを付けていても、白内障になるのが遅れてくれる訳ではないのと同じなのです。

白内障になったら気を付けること

白内障は歳をとると誰にでもおきる病気で、80歳以上だと発症率100%の国民病ともいわれています。

白内障はピント合わせをする機能のある水晶体が濁ることによって起き、視界がかすんで見えるようになります。「老眼が進んだだけか…」と思っていたら実は白内障だった!ということが多いので、注意が必要です。

白内障になった場合、今では水晶体の濁りをとり除き、眼内レンズを入れることでクリアな視界を手に入れることができます。

レーシック手術をした人でもこの手術は受けられますが、気を付けたい点があります。

それは、眼内レンズを作るときに慎重に度数を決めなければならないということです。

レーシックを受けた目は、受ける前の目と比べて表面が平ぺったくなります。そのため、視力検査をする際にはレーシックを受けた人用の計算式で度数を計算してもらう必要があるのです。

軽度の近視をレーシックで矯正した人は角膜を少ししか削っていないため、自分で医師に伝えないとレーシックを受けたことに気付いてもらえない場合もあります。白内障の眼内レンズを作るときには必ず、過去にレーシックを受けたことを伝えるようにしましょう。

緑内障に気づきにくくなる

白内障は視界がかすんで見えるので、レーシックを受ける前と比べて発見が遅れるということはありません。しかし、特に注意しておきたいのが緑内障です。

緑内障は視界の一部が欠けて見える病気です。もともと自覚症状が現れにくいとされる緑内障ですが、レーシックをすることによって視界が良好になり、更に気付きにくくなるということです。

日本では緑内障は、失明の原因第一位の病気です。

そして、40歳以上から徐々に発症し始め、70歳の10%がかかる病気です。

決して他人事と思わずに定期的に検査へ行ったり、少しでも視界がおかしいな?と感じたら眼科へ行くようにしましょう。

まとめ

せっかくレーシックによって視力が回復したのに、白内障や緑内障によって視界が悪くなってしまうのは残念なことです。しかし年齢とともに進行するこれらの症状は自分ではどうすることもできません。

症状が現れ初めたら、できるだけ早くに眼科へ受診することが一番大事なのです。

人間は80%の情報は目から取り込んでいるといいます。一生付き合っていく自分の目ですから、大切にしていきたいですね。

レーシック後3か月経ったので後遺症についてまとめてみます。

2016年5月にレーシック手術をしてから3ヵ月が経過しました。

ここで、レーシック手術後の後遺症や、レーシック前と変わったことなどをまとめておきたいと思います。

今まだレーシックをしようかと悩んでいる方にとっては一番気がかりな後遺症について。私の体験談がレーシックをするかどうか考える際の参考になれば幸いです。

私がレーシックをした理由

私はかなりの怖がりでビビりなので初めはレーシックを受けようとは思っていませんでした。私がレーシックを受けようと思ったのは、夫がレーシックするところを見たから。

夫は遠視矯正のためのレーシックであったため、「裸眼でこんなに見えるなんて素晴らしい!絶対にレーシックしたほうがいいよ!」とか言われたわけではなく(遠視のレーシックでは、術前よりも視力が悪くなる場合すらあります)、ただ、「レーシックってこんな風にするんだ。短時間だし、機械は新しくてすごそうだし、これなら私にもできるかも」と思ったことがきっかけです。

私はレーシックをしてすごく良かったと思っていますが、誰にでも勧められるわけではありません。レーシックに懐疑的な意見を持っている人は多いし、後遺症が怖くてなかなかレーシックに踏み切れない人も多いからです。

なので私は周りの人達に「レーシックしたほうがいいよ!」と安易に勧めてはいませんが、もしもレーシックを受けようか悩んでいる人がいて「レーシックどう?」と言われたなら超絶おすすめしたいと思います。

とはいってもレーシック後1年間はまだ目が落ち着かないといいます。レーシック後、1年経ってようやくレーシックが完了するのです。もし不具合がでるのなら、レーシック後3か月までにでる場合が多いとのことですので、今回レーシックを受けてからちょうど3か月が経過したのでその様子などを書いていきたいと思います。

これといって不便なことはなかった

レーシックの後遺症については色々あります。私には後遺症が全くなかったかと言えばそうではなく、しかりとハログレアやドライアイは感じています。

しかし、生活に支障が出るレベルでもなく、少し気になるくらいでした。

ハロ・グレアより、虹が気になっていた

ハロ・グレアはレーシックの後遺症として最も多い後遺症のひとつです。ハロの症状とグレアの症状は同時に起こることが多いため、ハロ・グレアと呼ばれることが多いのだそう。

私の場合ハロ・グレアの症状である「光が滲んで見える、ぼやけてみえる」ということよりも、光や電気のまわりに虹が見えることが気になりました。これは夫も全く同じで、角膜を削って光の屈折具合が変化したことから起こる症状だとのことでした。青山先生には数日で落ち着いてくると言われていました。

もちろん、光がまぶしく感じることもあり、初めは夜間の運転は避けていました。レーシック一週間後に夜間の運転をしてみると、「眩しい!」と感じましたが、3か月経った今では全く眩しさは感じません。

また、一番気になっていた虹についてもほとんど見えなくなりました。以前は家の電球を見ても虹が見えていたのですが、今ではかなり大きな電球や光を見ない限り虹は見えなくなりました。

「生活に支障になるわけではないし」と、もしこの虹が消えなくてもいいかな~と思っていた私ですが、気づいたときには無くなっていてそれならそれで良かったと感じています。

ドライアイは少し残る

ドライアイについては、全くならないという人もいますが私はなりました。角膜を削ったときに視神経も一緒に切られるため、修復に時間がかかるという話は聞いていました。今私は30歳なので修復に時間がかかっているのか、この程度のドライアイは残るものなのかわかりませんが僅かのドライアイ症状は残っています。

でも、レーシック後すぐは

  • 朝起きると目がショボショボして開けられない

という、まるでコンタクトレンズをしたまま寝てしまった朝のような症状が何日かありました。そんなときは朝起きてすぐに、病院でもらっていた点眼剤(ヒアロン酸)を使うと目が回復しました。そんな症状も1ヵ月後には全く気にならない程度になり、持ち歩いていた点眼剤も必要なくなりました。

  • 涙がでない

私は映画やドラマですぐに泣いてしまうほど涙腺が緩いのですが、なんとレーシック後は涙が出ない!この不思議な感覚を数日間覚えました。目の奥からぶわっとこみ上げてくるものがあるのに涙が出ませんでした。

そんな症状も3か月経った今ではなくなり、オリンピックを見て大号泣しています。(これはいいのか悪いのか)

その他の不具合

その他には、コンタクトをはずしたせい起きたデメリットがありました。

  • 玉ねぎを切るときに目が痛い
  • お墓に行ったら線香の煙で目が痛い

というものです。コンタクトを付けている期間が長かったので「こんなに痛かったっけ?」と思いましたが、お墓に一緒に行った、レーシックをしていなくて裸眼の母も「目がショボショボするね」と言っていたので裸眼の人はみんな感じている程度なのかと思いました。

それでもやっぱりメリットが大きいと思う

レーシックをして3ヵ月。後遺症が全くなかったわけではありませんが、私にとってはほとんど気にならないものばかりでした。レーシック後すぐに感じていた後遺症は今ではほとんど感じず、自分がレーシックをしたことを忘れてしまうくらいです。

  • 朝、コンタクトを付ける煩わしさからは解放されたし、コンタクトを買うお金もいらない。
  • ジムや温泉に行ったときにお風呂にそのままコンタクトで入ってコンタクトが曇ったり落ちてしまうこともない。(コンタクトをしたままクレンジングをするとコンタクトが曇るんですよね、、、)
  • 旅行い行くときにも荷物が減るし、洗面台にコンタクトスペースがいらなくなった。

これをそこまで大きなメリットと感じない人はいるのかもしれませんが、私にとってはとても大きなメリットでした。

また、夫にとっては遠視が治り内斜視が改善されたので、私よりも大きな喜びを感じています。

<>

「レーシック、いいよいいよ!」と勧められるわけではありません。私も青山先生のところだったから受けようという気持ちがわき、今このような快適な生活を送れるようになりました。

レーシックを受けようか悩んでいる方は、メリットもデメリットもよく考えて、ご自分の納得する形で手術を受けるようになさってくださいね^^

 

調節性内斜視の原因・手術や治療法[幼児~大人まで]

私は夫が調節性内斜視を持っておりレーシックで眼位の改善をしたことからこのサイトを立ち上げましたが、これまで調節性内斜視について調べてきたことをここにまとめておきます。

私はお医者さんでもなんでもありませんが、できる限り信頼できるデータ(政府発表のものや病院のサイトの内容)を集めてわかりやすく解説していきたいと思います。

調節性内斜視は幼児期に発症するケースが多く、早期の治療がとても重要になる病気です。

自分のお子さんが調節性内斜視になってしまって心配で仕方のない親御さんもいると思いますが、正しい知識と治療法を知ってほしいと思います。

また、大人になってからの調節性内斜視の対処法についても、実際に調節性内斜視であった夫(30歳)の経験をふまえてご紹介していきますので参考にしてください。

続きを読む

遠視のレーシックで内斜視は治りますか?

今回夫は、遠視による内斜視を改善するためにレーシックをおこないました。

そこで一番気になるのがやはり「レーシックで内斜視は治るのか」ということ。

実際に柳津あおやま眼科クリニックの青山勝先生に聞いてみました。

レーシックで内斜視は治る(眼位の改善はする)のか

この質問にははっきり「治ります」という返事はありませんでした。

ただレーシックをおこなうことで角膜が削られ、コンタクトやメガネをしているときと同じような状態になる、とのことでした。

夫の内斜視は遠視が原因でおこる、「調節性内斜視」というもの。

調節性内斜視は、メガネやコンタクトで遠視を矯正することで眼位が改善する人が多く、夫もそのひとりでした。

プリズム効果のあるメガネをしている人だと角膜を削るだけではメガネと同じ効果は得られませんが、普段かた普通のメガネやコンタクトで眼位を矯正している人にはレーシック手術は効果的と言えます。

それは、実際に夫がレーシックを受けて眼位の改善に成功したからです。

遠視のレーシックは難しい

遠視のレーシックは近視のレーシックとは角膜を削る場所が違います。

横から見て、近視の場合は先っちょを削ります。

レーシック 近視で削る場所のイラスト

先を削るだけならそこまで難しくなさそうだなと思えます。

それに対し遠視のレーシックではここを削ります。

遠視のレーシックで傷る場所のイラスト

黒目の周りをぐるーっと一周削ります。

(絵が雑でごめんなさい^^;)

同じ角膜の量を削るのだとしても、高度な技術が必要になりそうな感じがします。

難しい手術なので遠視でのレーシックを受け入れているクリニックはかなり少ないと思います。

実際に、夫は品川近視クリニックでレーシックを断られてしまいました。

‹リンク›品川近視クリニック名古屋院の評判はどう?無料検査に行ってみた感想

 

これは近視のレーシックに比べて手術が難しく、リスクも高まると考えられたのかもしれません。

青山先生のところでは何も問題ないような感じで、「角膜もしかりあるので手術はできますよ~」とおっしゃってくれました。

 

ネットを調べていて、レーシック手術の後遺症で斜視になったという人を見かけましたが、そういう方は遠視のレーシック手術をすればいいのではないかと勝手に推測しています。

大手クリニックが再手術に対応してくれないのは、遠視のレーシックが難しいから。

そういった被害を受けて悩んでいる方は青山先生のところへぜひ行ってほしいです。

近視とちがい、遠視のレーシックは特別だと思うので特にレーシックのスペシャリストに任せるべきだと個人的には思います。もし自分が遠視を治したかったら、東京に住んでいても北海道に住んでいても、岐阜の青山先生のところまで必ず行きます。

手術自体が安いので、交通費や宿泊費を入れても他のクリニックの費用と同じくらいになるのでは。

紹介制度で更に安くなるので、気になるかたはご連絡くださいね^^

 

遠視のレーシックで後戻りしやすい度数はどのくらいですか?

レーシックといえば遠くのものが見えにくい、近視の人の視力矯正をするのが一般的ですよね。

遠視とは近視とは逆で、遠くのものは見えるけど近くは見えないという状態。

老眼と似ていますが、

  • 老眼…水晶体が硬くなり近くを見るときにピントが合わなくなる
  • 遠視…角膜の形状によって、近くを見るときにピントが合わない

という違いがあります。

また、遠視の人は近くを見るときも遠くを見るときもピントが合いにくいため、眼精疲労になりやすいとも言われています。

レーシック手術前の夫は「たくさん寝ないとダメなタイプだから~」と言って、1日に9時間も10時間も寝ていましたが(笑)、レーシックをしてからは8時間くらいになりました。(それでも多い?^^;)

遠視のレーシック手術について聞いてみた

遠視の人がレーシックをする情報があまり見つからなかったので、カウンセリング時に青山先生に直接聞いてみました。

遠視のレーシック手術で後戻りはするのか?

”後戻り”というのは、レーシックを受けたのに見え方がまた元に戻ってしまうという状態。

角膜が柔らかく変形しやすいタイプの人は後戻りをしやすいのですが、そういった人はそもそもレーシックを受けることができません。

レーシック手術前に眼圧測定をおこなうので、角膜が柔らかい人はレーシック手術を断られることになります。

遠視のレーシック手術での後戻りですが、とくに度数によっての後戻りのしやすさがあるようでした。

遠視6(+6D)以上だと後戻りしやすい

具体的には遠視が6以上ある場合には後戻りしやすくなるとのこと。

遠視6以上というのは、コンタクトレンズに書いてある度数が+6.0D(ディオプター)以上の数字であるということです。

近視の人は-で表される度数ですが、遠視の人の場合は+になるのです。

夫の場合は+2.25の遠視でしたので軽度~中度の遠視でした。

事前検査での角膜の状態や硬さ、厚みに問題がなかったので手術をすることができました。

遠視の場合は多めに角膜を削る

そして青山先生は、遠視のレーシックでは後戻りしにくいよう角膜を少しだけ多めに削るのだそうです。

これは技術的な問題で、きっと今までの経験を元にそうされているのだと思います。

少しわかりづらいのですが、遠視の人の角膜を多めに削るということは”近視寄り”にするということ。

例えば、今まで視力が1.5あった人でも”近視寄り”にすることによって1.0になってしまうようなものです。

度数でいうと正視ではなく、あえて‐0.25か‐0.5にするということです。

「今までよりも視力が悪くなるのにレーシックをするなんて…」と思うかもしれませんが、夫の場合は調節性内斜視という病気の改善が一番の目的でした。内斜視での悩みは当人にしかわからないほど大きなものだったようで、遠くの視力が今よりも少し落ちることを説明されても全く気にしていませんでした。

こちらに動画を載せていますが、実際レーシック後には内斜視の症状はかなり改善されましたし、術後には「今までより遠くが見えないな~」と言っていましたがそれも初めの1ヵ月だけ。

それ以降は今の見え方に慣れてしまいましたし、遠くが見えなくなったとはいえ視力は1.2と1.5出ています。(前はどれだけ見えていたんだ…)

遠視のレーシックでは機械の設定が絶妙

角膜を削るのは、エキシマレーザーという機械でおこなわれますが、この機械の設定がとっても重要です。

細かーく微調整しながら、ひとりひとりに合った設定をしていくということを知り、ただ単に「最新のレーザー機があるクリニックが一番いい!」とはならないんだな~と心底思いました。

遠視のレーシックでは角膜を少し多めに角膜を削っておく、という技術も、青山先生の今までの膨大なレーシック経験を持ってのことでしょう。もし他のクリニックで”正視”の見え方にして、のちのち後戻りしていたら…と思うとちょっと怖いです^^;(でも夫は角膜がけっこう厚かったので、見え方に不都合があれば再手術も可能だと事前に言われていました!)

遠視の方は特に、手術内容(どれくらい角膜を削ってどれくらいの見え方にしていくのか、再手術は可能なのか)をじっくり医師と相談してからレーシックを受けるようにしてくださいね^^